プロフィール
墨田区錦糸町の税理士 『イトイちゃん』
墨田区錦糸町の税理士 『イトイちゃん』
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2007年08月28日

1人当たり5、000円以下の飲食費等の接待交際費

----------------------------------------------------------------------
●1人当たり5,000円以下の飲食費等の接待交際費
----------------------------------------------------------------------

 1人当たり5,000円以下の一定の飲食費については、交際費課税の対象から
 除かれます。
 
 その為、損金算入できるものと、従来どおり交際費課税されるものとを区別
 する必要があります。
 
 そして、損金算入の適用を受ける為には、「保存書類」の整備が必要になり
 ます。


<税務調査の対象になる、「保存書類」の記載上の必要事項>

(1)飲食等のあった日

(2)参加した関係者等(相手先)の会社名・氏名及び当社との関係

(3)参加者の人数(当社 + 相手先)

(4)費用の金額、店の名称及び所在地 ※通常、領収書に記載されています。
 

 (1)〜(4)すべての事項についての記載が必要とされています。


<具体的には>

 (1)〜(4)すべての事項を記載した、交際費精算書を作成するのが理想
 です。

 簡便的に済ませるのであれば、領収書に参加人数、相手先の会社名・氏名を
 記載しておけば特に問題はありません。
 
 
<注意事項>

 ・1人当たり5,000円の金額判定は、税抜き経理をしていれば税抜き金額で、
  税込み経理をしていれば、税込み金額で行います。

 ・お店一軒ごとに、1人当たり5,000円の金額判定をします。

 ・社外の人が1人もいない場合は、社内交際費となり、交際費課税の対象に
  なります。

 ・原則として、相手先の会社名・氏名の全てが必要となりますが、一部不明
  の場合や多数参加したような場合には、人数を正しく記載していれば、
  氏名を多少省略しても差し支えありません。
 
 ・人数や相手先等を偽って記載したことが判明した場合には、取引の仮装・
  隠蔽ということになり、重加算税の対象となります。


【まとめ】

 この制度は、平成18年度の改正で設けられたものです。
 
 実際の税務調査で、「保存書類」について、
 どの程度厳しく追及されるのかは、まだ、不明です。
 
 参加人数は記載していても、氏名まで完璧に記載していなければ、
 否認されてしまうのか・・・? 疑問が残ります。

 これに関しては、実際の事例が出てみないとなんとも言えませんね。

 いずれにしても、多少めんどくさくても、漏れなく記載しておくのが
 無難です。


----------------------------------------------------------------------
●編集後記
----------------------------------------------------------------------

 まだまだ残暑が厳しいですね。

 この暑さをしのぐ為にみなさんは何か工夫をされていますか?

 私は、500mlのペットボトルに水を入れて凍らせたものを
 外出の際に持って出て、それで顔や首を冷やしています。
 そして、氷が溶けて水になったら飲んで水分補給。
 一石二鳥です。

 なかなかいいですよ。  


Posted by 墨田区錦糸町の税理士 『イトイちゃん』 at 00:29Comments(0)税金